スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

No.009 宜野湾市議へ招待状を出しました。

5月2日の琉球新報さんに、私たちのフェンスクリーン作戦が掲載されました。
そのことに対して、宜野湾市議の桃原さんが、このようなコメントを発しております。

013.jpg


>5月6日 琉球新報
>普天間飛行場のフェンスを清掃に市民団体40人参加。
>参加者らは「平和運動を否定はしないが、街を汚してはならない。他のやり方はできないのか」
>「オスプレイ反対などを主張してはいいが、ルールは守ってほしい」などと語った。

>では米軍はルールを守っているのか?
>民家へ不法侵入し、県民を暴行し、飲酒運転は繰り返し、さらにはヘリから物を落とし、深夜まで爆音を晒し、
>土壌まで汚染し、我々の税金で芝生に囲まれ広々とした住居で光熱費等の心配、生活苦も知らない米軍に物を言>うべきではないのか?


>反対運動を否定をしないというなら、阻害行為をやめるべきではないか。
>私はあなた方と対峙したくない。
>もうこれ以上、新基地を造らさない。新基地反対、この一点で一緒にやっていけないのか。

私>は米軍が嫌がることを続けていく。

これは彼のフェイスブックに掲載されたものであり、宜野湾市議と名乗った上で言葉を紡がれております。
よって、私たちは、彼に対し5月10日付で、下記のような招待状をFBのメッセージにて送付いたしました。

初めまして、桃原さん。
フェンスクリーンプロジェクトのキャプテン、手登根です。
貴殿の投稿を拝見し、ぜひともお話がしたいと思いました。
これがその投稿の一部です。
>反対運動を否定をしないというなら、阻害行為をやめるべきではないか。
>私はあなた方と対峙したくない。
>もうこれ以上、新基地を造らさない。新基地反対、この一点で一緒にやっていけないのか。
その点について、公開の討論をラジオで行いたいと思います
議員ともうひとり、こちらからフェンスクリーンに参加している一般市民を2名お招きし、互いの共通点を見いだすべく討論して頂きたいと思います。
予定では5月16日、及び23日の午後10時。
場所はFM21スタジオにて行いたいと思いますので、ご都合のいい日をお選びになり、ご返答頂ければ幸いです。
今後とも沖縄の正常化のために、手を携えて協力していけたらと思います。
ぜひ、言葉を交わして参りましょう。



私たちとしては、街の景観を取り戻す行為をなぜ「阻害行為」と言えるのかが、不思議でなりません。
それも、その地域から選出された議員が発したことに対し、真意を確かめたいのです。
いまのところ、招待への返信はございません。
でも、市民の付託を受けた者として、公衆の面前において討論して頂けると信じております。
出演の可否のタイムリミットは、放送の都合上5月16日とさせて頂いております。


この件については、下記のブログでも取り上げられておりますので、ご覧頂ければ幸いです。
光と影 街の景観を奇麗にする活動に異議を唱える議員


by キャプテンボギー
スポンサーサイト
2013-05-11(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント

逃げまわる市議の出鱈目な主張に物申す!

と言いますか、ちゃんと対論に応じるべきだろ。なにが、阻止活動だ!
常識的に考えてもフェン汚しの方が、非常識な行為だろうが!というか不法投棄もしてるし。
その辺の論理的回答に応じるべきだ!逃げるな!
2013-05-11 21:00 | yamasan007 | URL   [ 編集 ]

yamasan007 さんへ

仰る通りだと思います。
実は先ほど連絡がきまして、私との主義主張に違いがあり、歩み寄ることが期待できないから出演できないとの返信がございました。
私との討論ではなく、一般参加者との討論であることを申し添え、再考をお願いしております。
公人として、衆人注目の場で、堂々と持論を述べるべきだというのが、私の考えです。
2013-05-11 22:43 | キャプテン・ボギー | URL   [ 編集 ]

沖縄の民意は・・・

こんにちは。
関東に在住しています。

こちらにいると沖縄タイムスや琉球新報のネットニュースくらいしか目にしないので、先日までは、沖縄県民の思考回路を心配していました。
しかしフェンスクリーン活動を産経新聞で読んでから、あぁ沖縄の人たちも我々と同じ普通の日本人なんだと知ってとてもホッとしました。

さて、沖縄県民がまともなのはわかったとして、沖縄の議員や首長はどうなんでしょうか?
県民の意識に比べ、どうにも左翼的な人間が跋扈しているような印象があるのですが・・・
選挙で落としてしまえばいいのに、と思います。

これからもがんばってください。
2013-05-12 01:22 | 関東人 | URL   [ 編集 ]

プロフィール

キャプテン・ボギー

Author:キャプテン・ボギー
沖縄では反基地闘争の一環として、普天間基地のフェンスに赤いテープや赤旗が見苦しいほど貼り付けられていました。
昨年の9月、2名の勇気ある若者がこれに挑み、テープを剥がし始めたのです。
それから一人、また一人として参加者が集まり、いまでは60名余りの方々がリアルに清掃活動に従事して頂いております。

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。